読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理科系の備忘録

Linux/Ubuntu/Mac/Emacs/Computer vision/Robotics

ATAM install on Ubuntu 14.04 LTS

Ubuntu 設定 プログラミング ROS Gazebo

基本的には公式[1]の通り。ただし、windowsでのインストールのみなので、メモを残す。

まずOpenCV3.0を入れる。ROSと一緒に入ったOpenCVが2.4だったので、ソースを落としてきてcmakeした。
ググったらインストール方法はでてくる[2]が、non-freeをコンパイルしようとするとこける。
githubからopencv_contrib-3.0.0みたいなのを落としてきて、コンパイルすれば通る。
# 最新のOpenCV3とcopencv_contribがマッチしていないのが原因。
# WITH_OPENCL, WITH_OPENCLAMDBLAS, WITH_OPENCLAMDFFT, WITH_OPENCL_SVMもつける

次に、cvsbaをインストールする。これもcmakeだが、オプションはいらないらしい。

続いてCLAPACKをインストールする。
これもATAM公式に書いてある通り、-D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASEだけつけてインストールした。

最後にATAMのコンパイルだが、これはcmakeに以下のオプションを指定した。
やってることはCLAPACKへのパスを指定しているだけ。
# 公式に従ってcvsbaを移動させたりするのを忘れずに。

cmake -D OpenCV_DIR=/home/kenta/opencv-3.0.0/build -D LAPACK_LIB=/home/kenta/clapack-3.2.1-CMAKE/build/SRC/liblapack.a -D BLAS_LIB=/home/kenta/clapack-3.2.1-CMAKE/build/BLAS/SRC/libblas.a -D F2C_LIB=/home/kenta/clapack-3.2.1-CMAKE/build/F2CLIBS/libf2c/libf2c.a ..

[1]ATAM公式
https://github.com/CVfAR/ATAM

[2]UbuntuでOpenCV3.0をコンパイルする
http://thr3a.hatenablog.com/entry/20150731/1438312544